HOME診療科紹介 › 腎臓内科

診療科紹介

腎臓内科

腎臓に関わる病気を診断・治療する診療科です。
当院からメッセージ

腎臓内科医の役割は大きく分けて3 つあります。第1 に腎臓病の初期症状である検尿異常(主に蛋白尿・血尿)の段階で腎臓病患者(急性・慢性及び一次性・二次性を含め)に対する腎生検を用いた組織診断と治療の実践であり、第2 に末期腎不全に至り透析医療を受けている患者さんの合併症に対する対応で、第3 に慢性腎不全(腎機能低下が続いているが透析は必要としない状態)に積極的介入し、末期腎不全への進行の阻止・遅延に努めます。いずれでも日本における腎臓内科の標準治療を提供できるよう心がけています。

>>内科専門研修プログラム


医師紹介
宇野 香美
(うの かぐみ)
医師
ご紹介を希望する疾患


学会資格等
Profile
出身大学:川崎医科大学
卒業年度:2013年
岐阜大学医学部附属病院
専門領域
腎臓内科

トップ