HOME当院をご利用される方

当院をご利用される方

診療案内

■紹介患者さんの優先診療
  他の医療機関からの紹介状を持参いただいた患者さん については、優先して診療や検査などが受けられます。 紹介状持参の患者さんは、必ず紹介状を受付窓口にご提出ください。
■保険外併用療養費(選定療養費・初診科算定)
 

他の診療所(かかりつけ医)などからの紹介状をおも ちでない方からは、初診時に、保険診療による自己負 担とは別に、保険外併用療養費(初診時特定療養費) 2,160円を頂くことになっています。しかし、かかりつけ医からの紹介状があれば、この費用はかかりません。

皆様も、かかりつけ医制度を上手にご利用いただき、 日頃の健康管理に役立ててください。

 


■輸血療法についてのお知らせ
 

中濃厚生病院は、患者さんに安心、信頼、希望のある医療を提供するように心がけております(中濃厚生病院理念)。
その中で、宗教上の理由により輸血を拒否される患者さんがおられます。
私たちは、輸血を拒否される患者さんに対しましては、医学的に可能な限り輸血を回避いたしますが、医学的に輸血をせざるを得ない場合には、医師の良心に従って、輸血を実施する「相対的無輸血」の立場をとっておりますので、よろしくご理解のほどお願い申しあげます。

退院後の生活までトータルに管理し、患者さんのより良い療養生活を守ります。
 かかりつけ医制度をご存じですか?「かかりつけ医」とは、日頃からご自身や家族の健康相談に応じてくれる、身近な開業医のことをいいます。「かかりつけ医」は、患者さんがこれまでかかった病気や、お薬の効果や副作用の有無、今どんな病気で、何の薬を飲んでいるのか、あるいは患者さんの家族や体質、生活環境などを把握し、万一、より精密な検査や入院治療が必要と判断された場合には、「かかりつけ医」が当院へ紹介し、当院の専門の医師と相談し合って治療をすすめることになります。

このように、現在わが国では、診療所は一般外来診療を、病院は紹介外来、特殊・専門外来診療及び入院診療を主に担うという形で、診療所と病院との機能分担がすすめられています。つまり、「かかりつけ医」のあなた個人に関するさまざまな医学的情報と、当院の高度な専門的な医療知識や技術、最新鋭の検査設備の連携により、患者さんの治療にあたるのです。

■在宅医療
  医療福祉相談員、保健師、看護師が一体となり退院後の生活の質を高めるために取り組みます。
在宅医療支援体制は、患者さんが入院された時点からスタッフが一体となって患者さんの退院後のより良い生活を考えるところからスタートします。
「介護相談センター」では病気になられた患者さん、 そのご家族に生まれてくるさまざまな悩みや不安、疑問などの相談に応じています。
さらに、ご自宅で安心して、ご家族と共に過ごしたいとお考えの患者さんには、「訪問看護ステーション」をご利用いただけます。また介護保険制度を利用して、さまざまなサービスを受けたいとお考えの患者さんには、「介護相談センター」が、ご相談から申請手続き、介護サービス計画の立案などをお手伝いいたします。
もちろん当院では「かかりつけ医制度」を推進しており、急性期の治療により一定の成果を得られた後は、患者さんや家族の希望に基づき、地域の他診療所・病院にもどっていただくようにします。患者さんが生き生きと明るい暮らしを送っていただけるよう、私たちは常に最善を尽くしています。

トップ