HOME部門紹介薬剤科

薬剤科

■基本理念
  医薬品の適正使用を推進し、安全で質の高い医療を提供する。
■基本方針
 

① 医薬品の適正使用を尊守する。
② チーム医療へ参加し、薬剤管理指導業務を推進する。
③ 根拠に基づいた医薬品情報を提供する。
④ 常に自己研鑚に励み、技術、知識の向上に努める。


《主な業務内容》
■薬剤管理業務
  患者さまのベッドサイドでの服薬指導、持参薬のチェック、処方チェック、薬歴管理、副作用のモニタリング、処方設計支援などの業務を行い、医薬品の適正使用を推進しています。また、医師や看護師等と連携し、チーム医療を推進しています。
■調剤業務
主に入院処方の調剤を行っています。患者さまの服用しやすいように粉砕や一包化を行ったりします。また、医師の処方した薬の量や飲み方が適正か、検査結果とも照合し問題ないか確認し、調剤を行っています。
■院内製剤業務
市販されていない特殊製剤について、安全面と衛生面に配慮し、調製を行っています。
■注射調剤業務
注射処方箋を基に、薬学的チェックを行い、患者さま毎に注射をセットしています。高カロリー輸液は、クリーンベンチを用いて適切に調剤しています。抗がん剤の使用では、ほぼ100%レジメンで管理され、混注は安全キャビネットを用いて適正使用を推進しています。
■医薬品情報業務
医薬品の情報収集、分析、整理を行い、院内医薬品集の作成やDIニュースの発行などを行うことで情報提供し、薬剤の適正使用を推進しています。
■TDM業務
薬物体内動態に大きな個人差があり、有効安全濃度域の狭い薬物の血中濃度をモニタリングし、用法用量の適正化、処方変更依頼をしたりします。
 

トップ