HOME部門紹介検査科

検査科

検査機器紹介
生化学自動分析装置

生化学自動分析装置は、血液が固まった時に上澄みとしてできる淡黄色の液体成分(血清)や尿を検体とし、試薬と反応させ、主に肝機能検査や糖、コレステロール、タンパク酵素などの各種成分を測定する装置です。

全自動輸血検査装置

全自動輸血装置は専用のカセット型の体外診断用医薬品を用い、赤血球凝集 反応に基づくビーズカラム凝集法によるもので、血液型判定、不規則抗体検査及び交差適合試験を行なう装置です。

多項目自動血球分析装置

多項目自動血球文政装置は貧血、白血病などの血液疾患を調べる分析装置です。
(赤血球数、白血球数、血小板、ヘモグロビン量、白血球5分類)

免疫検査自動分析装置

免疫検査自動分析装置は、感染症(肝炎検査)、各種腫瘍マーカーを主に分析する装置です。

自動採血管準備装置
全自動で採血管に各種検査ラベルを貼る装置です。
(生化学検査・血液検査・血糖検査・感染症検査・輸血検査・外注検査など)
全自動便中ヒトヘモグロビン分析装置

全自動便中ヒトヘモグロビン分析装置は便潜血一般検査や集団検診の大腸癌スクリーニング検査で用いられる分析装置です。

全自動尿中有形成分分析装置(左)・全自動尿分析装置(右)

尿路感染症や腎、泌尿器系疾患の診断に用いられる装置です。
全自動尿中有形成分分析装置は(ブドウ糖・タンパク・潜血など)を測定。
全自動尿分析装置は(赤血球・白血球・円柱・細菌・結晶など)を測定。

血糖・A1c測定装置
血中の糖成分やヘモグロビンA1cを測定する装置です。

トップ