HOME緩和ケアセンター

緩和ケアセンター

ごあいさつ

 近年、高齢化の進展により、がんに罹患する患者が増加してきており、がんに対して正面から向き合いながら、ともに生きる時代となりました。そこで、がん患者さんに対する緩和ケアの必要性が強調されるようになってきました。
 緩和ケアの役割は、単なる「末期がん患者の看取り」ではなく、がんと診断されたその時から患者さんが抱えるであろう身体的な苦痛(疼痛等)はもとより、社会的・精神的・スピリチュアルな悩みを和らげることです。したがって、がんと診断された早期から緩和ケアが始まります。そして、緩和ケア病棟には、がんと診断された患者さんで、かつ、疼痛等の症状緩和を必要とされる患者さんに入院していただくことになりますが、その役割のひとつに、末期がん患者さんに限らず、外来での症状緩和が難しい患者さんに、一休み(レスパイト)入院していただくことであり、また、終末期のがん患者さんにおいても、単なる看取りの場としてではなく、患者さんやご家族の希望を聞きながら、在宅療養を見据えて、院内多職種によるカンファランスや院外の医療施設との連携強化を図って、可能な限り在宅療養に移行できるよう、努力しようと考えております。
 患者さんの多くは在宅での療養を希望されますが、多くは在宅療養ができていないのが現状です。理由の一つに、在宅療養を支える地域の診療所・訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所・訪問介護事業所・保険薬局などの施設が不足していることや、患者さんおよびご家族と施設との連携が取れていないことが大きな理由であると考えます。そこで、患者さんと地域の医療施設等との架け橋となるべく、この四月、中濃厚生病院に緩和ケア病棟を開設する運びとなりました。
 施設・設備の面では、病室は全て個室として、室内には手洗い、トイレ、テレビ、冷蔵庫を備え、ご家族もお泊りいただけるよう、簡易ベッドとしても使えるソファを配置しており、また、ご家族や他の患者さんと語らえる談話室、ボランティアの方の専用室、急な時にご家族の方にご利用いただける控室と浴室も設けました。
 当院緩和ケア病棟は、既定の概念にとらわれず、みなさまのご意見・ご要望や、ご感想をお寄せいただきながら、中濃地域ならではの緩和ケアを目指します。また、緩和ケア病棟の運営には、みなさまのボランティアによる活動が必須となりますので、地域のみなさまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

岐阜県厚生農業協同組合連合会
中  濃  厚  生  病  院
病院長  鷹津 久登
緩和ケアセンター長 大池 恵広

トップ