HOME部門紹介感染対策

感染対策

感染防止対策に関する取り組み
当院では、医療関連感染を防止するため、以下の項目について取り組んでいます。
  • 日常的な感染防止対策の徹底
感染症発生時の調査及び拡大防止策の周知徹底
抗菌薬の適正使用に向けての取り組み
院内感染総合マニュアルの整備
職員への感染対策研修や感染症に関する相談の実施
地域の医療施設との連携

必要に応じ、患者さんおよびご家族の方にも感染防止対策にご理解いただき、ご協力をお願いすることがあります。

JA岐阜厚生連 中濃厚生病院
病   院   長
院内感染対策委員会

感染管理に関する組織図

 


来院される方へのお願い

・手指衛生について

当院では、手洗いや、手指消毒を心がけ感染予防に努めております。
お見舞いの際には、病室前に設置しております手指消毒剤での手指消毒にご協力頂きますようお願いします。

・咳エチケット(マスクの着用)について
飛沫感染予防として、咳(せき)・熱などの症状のある方は、マスクを着用して受診して下さい。
マスクは、売店及び内科外来診察エリア・救命救急外来受付の自動販売機で購入できます。

 

・お見舞い制限について
➢ インフルエンザ:咳・発熱・関節痛等
➢ 感染性胃腸炎:下痢・嘔吐等
➢ 水痘(水ぼうそう):発熱・水疱等
➢ 麻疹(はしか):高熱・感冒症状・全身の発疹等
➢ 風疹:発疹・微熱・リンパ節腫脹等
➢ 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ):発熱・耳下腺腫脹等
類似した症状のある方のお見舞いをご遠慮いただきます。

 

 

 


冬季感染症(インフルエンザ・感染性胃腸炎等)流行時期には、感染症潜伏期間中(症状未発生)の方の持ち込みによる院内感染流行防止のため、原則的にお見舞いを禁止させていただきます。

 

・海外渡航歴・入院歴について
➢ 外来受診の患者さんへ、1か月以内に海外へ渡航された方は受付でお申し出ください。
➢ 入院患者さんへ、2000年以降海外で入院治療されたことがある方は入院時にお申し出ください。

 

皆様のご理解とご協力をお願いします。

感染管理対策室の活動

当院の医療は、生命維持のための高度な医療技術が求められる一方、患者さんの高齢化、薬剤耐性菌の増加に伴い、医療関連感染のリスクは高まっています。「感染管理対策室」は、院内の各部門と連携を取りながら、すべての患者さんを院内での感染から守り、すべての職員を職業感染から守るために活動しています。
日常的な感染防止対策は、手指衛生を基本として推進しています。

「感染管理対策室」のメンバーは、医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員で構成し、週1回、感染管理対策室会議を開催し院内のラウンドを行っています。

 

また、岐阜県内の医療施設とも連携しています。感染防止対策加算1の算定施設相互の訪問評価、年4回他の医療機関と感染防止対策に関する取組を話し合うカンファレンスを開催しお互いの医療の質向上を図っています。
 地域活動としては、介護施設、教育機関へ赴き感染予防に関する情報を提供し、皆様の健康を支える手助けを行っています。