あなたの明日を、ともに育む

笑顔でいる毎日を、大切にしたい

看護体制(看護提供方式)

看護提供方式 <パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)>

 看護師が安全で質の高い看護を提供することを目的に、2人の看護師が良きパートナーとして対等な立場でお互いの特性を生かし、相互に補完し協力しあって、毎日の看護ケアをはじめ、委員会活動、病棟活動、病棟内の係の仕事に至るまで、1年を通して活動し、その成果と責任を共有する看護方式です。
 パートナーシップ・ナーシング・システム(PNS)の導入により、従来の看護方式の「自己完結型」から看護師2人が共同してケアを行う「二人三脚」になり、パートナーの技術や知識を実践的に学びながら、看護を行うことができます。
・お互いを高めあうことができる ・先輩看護師の看護を身近に学ぶことができる

勤務体制
2交替・変則2交替制をとっており、週休2日制です。         
一般病棟は3人夜勤、ICUと救命病棟は4人夜勤です。
夜勤時間は平均、月に72時間以内です。
そのほか夜勤専従も希望に応じて可能です。
訪問看護ステーションは待機制、手術室・夜間看護管理は、当直制です。
看護体系
急性期一般病棟入院基本料7:1