あなたの明日を、ともに育む

笑顔でいる毎日を、大切にしたい

就職説明会and病院見学会

随時受け付けています。希望者は直接電話でお尋ねください。

対象
 今後資格取得予定の看護学生、または看護師・助産師の有資格者
 (お問合せ先)JA岐阜厚生連 中濃厚生病院
 看護部長 鷲見百合子
 電話 (代表)0575−22−2211

 

インターンシップ

インターンシップ中止のお知らせ


新型コロナウイルス感染が拡大してきています。皆さんの安全、病院の安全などを考慮し、今年度のインターンシップを中止させていただきます。突然の報告となりお詫び申し上げます。
なお、病院見学や電話などでの相談は随時受け付けています。
直接病院へお問い合わせください。

 

 

 

2019夏のインターンシップの結果

 2019年8月に夏のインターンシップを実施しました。暑い中多くの方に参加してくださりありがとうございました。その結果を報告します。


1.参加者数 合計34名

8月5日

12名

8月7日

7名

8月9日

5名

8月26日 3名
8月27日 1名
8月29日 6名

 

 

 

 

 

 

 



2.参加者背景



 


3.アンケート結果

1)

参加目的は果たせましたか
  100%が「果たせた」「ほぼ果たせた」と回答していただきました。
  内容
・病棟での看護師の流れや働き方、看護師の仲などを見ていくことができた
  ・まだ実習では行ったことのない部署、他の病院では行けない部署まで周ることができた。
・普段見ることができないところを見ることができた

・PNSのしくみを実際に見ることができた。
2)

中濃厚生病院の看護について、感想・気がついたところ
・看護師と他職種の連携を身近に感じることができました。病棟内や病室内で患者が過ごしやすい環境に整えてあり、とても良いなと感じました。
・看護師同士の雰囲気がよく仕事しやすいと思った。
・PNS方式であること、社員旅行が楽しそうなこと、「緩和ケア」では、1人1人の患者、家族の話を傾聴している様子がよく分かったこと。少人数だからこそ、1人1人を大切にしていた。
・手術室の見学をさせていただき、一般病棟では体験できないような経験をすることができ、とても勉強になりました。また、わからないことでも、質問するととても親切に教えていただけて、楽しくインターンシップを終えることができました。
・看護師と患者さんの距離が近く、何かあった時や相談など話していて環境が良いと思いました。
・看護師同士仲が良いなごやかな雰囲気で、患者さんとも会話がはずんでいた。
・様々な職種の方が楽しそうに働いていた。
・手術室でも医師の補助だけではなく、患者さんとの関わりも大切にしていて、患者さんの立場に立った看護がとてもいいとおもいました。
・救命センターやICU、手術室や各病棟など、様々な部署がそろっているため、看護師同士の連携やチーム医療の大切さをたくさん学べました。

・情報共有がすばやいと感じました。
3)

インターンシップで望むこと
・もう少しケアの見学をしたかった

・看護師の方の1日の流れについてもう少し詳しく聞きたかった
4) 34名にこの病院で働きたいと回答していただきました

※インターンシップの受け入れ部署は、事前に参加者の希望をお聞きし調整しました。
おおむね第1~2希望の部署で受け入れの調整をさせていただきました。

 たくさんの意見ありがとうございます。今後の参考にさせていただきます

 

 

ふれあい看護体験

ふれあい看護体験結果

8月6日と8日の2日間、高校生を迎え「ふれあい看護体験」を実施しました。午前中は病棟などで実際の看護場面の見学をしていただきました。午後は看護体験として、「BLS」「血圧測定・聴診器を使ってみよう」「車椅子・ストレッチャー体験:実際に乗ってみよう、押してみよう」を行いました 。

 

 

感想を聞いてみました

1.参加者内訳(参加者37名)
   1年生:1名、2年生8名、3年生28名    合計37名
   男子:8名  女子:29名   
2.参加したきっかけ


3.参加した動機は

4.印象に残ったこと


5.100%の参加者が、今後の進路決定に役立ったと回答しました。

今回の参加者は、全員が医療職、中でもほとんどが看護職につい着きたいとの希望を持って参加してくれました。みんな活き活きとした表情で体験していたのが印象的でした。

 


 

トップ